建物維持に必要不可欠な大規模修繕|業者に依頼する前にまずは相談

入居者にとって良い工事

集合住宅

建物全体で行われる

アパートやマンションなどの集合住宅では、定期的に工事が行われます。これは戸建てのリフォーム工事と同じです。どんな建物でも年月を経ると、だんだん老朽化していきます。修繕しないことには長く住み続けることはできません。そこで、大規模修繕工事が行われます。建物全体で行われることが多いので、当然、入居者にも多少の負担は強いられることになります。例えば、建物全体に足場シートがかけられるため、日中でも暗く感じられるといったことです。もちろん、工事の音もうるさく感じられることがあります。大規模修繕工事は入居者の許可を得た上で行われます。屋根や外壁の塗装をしたり、バリアフリーにしたりというように、一年以上、かかることもあります。

設備がより整えられる

アパートやマンションなどで行われる大規模修繕工事によって、設備がより良くなることがあります。古い建物の場合、バリアフリーにはなっていません。この点が改善されることもあります。また、防水加工をすることもあります。これで雨漏りの解消にも繋がります。それから、外壁塗装をすれば見違えるようにキレイに見えるようにもなります。このように、いろいろなところを修繕することで、建物だけではなく、住みやすい環境になるというわけです。最近の大規模修繕工事の中には、太陽光発電を設置するというところも増えてきています。大きな集合住宅となれば、屋上に設置することもできやすいからです。省エネでエコにもなるので、入居者にとってもメリットとなります。