建物維持に必要不可欠な大規模修繕|業者に依頼する前にまずは相談

マンションの大規模修繕

マンション

大規模修繕の必要性

マンション大規模修繕は必ず必要になります。基本的にはマンション建築当初に、マンション大規模修繕の計画を立てますので、居住者もそれを念頭に考えます。月々の修繕積立金も当初計画をもとに徴収されますが、実際に、いつのタイミングで工事を行う必要があるかは、実際の時間が経過しなければ分かりません。予想以上に劣化が早ければ、早めにマンション大規模修繕を行う必要がありますし、その場合には、修繕積立金が十分に貯まっていない可能性がありますので追加で徴収するケースもあります。どのタイミングで実施するかは居住者の同意が必要ですので、マンションの管理組合などで決めることになりますが、大規模な工事ですから簡単に決まるわけではありません。

経費と工事規模のバランス

マンション大規模修繕を実施する場合に注意しなければならないのは、費用や規模について居住者の間で十分に合意形成を図る必要があるという点です。費用が高くなればその分追徴金が発生しますし、費用を抑えてマンション大規模修繕の規模を小さくしてしまうと長期的な修繕計画に狂いが生じる可能性があります。マンションは永住するために購入しているわけですから、長期的な視点でメンテナンスを行うことが重要になります。特に、大規模修繕をしっかりと行っていないと、劣化が早まる可能性もありますので注意しなければなりません。工事に必要になる経費と長期的視点に立った工事規模のバランスをどのように取るかは、マンション建築の専門家などの意見を踏まえながら決めていく必要があります。